加圧トレーニング

口座振替について基礎知識

東京都板橋区のパーソナルトレーナー、田中です。
毎週100名に加圧トレーニングの指導をしつつ、ブログを書いております。

当ジムでは、月会費を口座からの引き落としにしております。
理由は、毎月毎月、全会員様からお金のやりとりをしている時間がないからです。
結果、トレーニングの指導に時間を使えるので、安くパーソナルトレーニングを提供しております。

でも、最初の手続きが面倒なんですよ。
銀行に届け出た印鑑が必要になります。

  • 普段、銀行印なんて持ち歩きますか?
  • そもそも、銀行にどの印鑑を届け出たか覚えてますか?

よって、

  • 印鑑を持ってくるの忘れちゃった
  • 間違った印鑑で提出しちゃった

こんな感じで、なかなか引き落としができないお客さまもいらっしゃいます。

そんな中、私事ですが、先日24時間ジムに入会しました。
その時の口座振替の手続きが「キャッシュカード」と「暗証番号」で完了したんですよ。
すごくないですか!?

  • 銀行印よりもキャッシュカードを持ち歩く人の方が多い
  • 銀行印よりも暗証番号を覚えている人の方が多い

ってことで、当ジムでもキャッシュカード方式にできないものかと、収納代行会社に相談してみました。

そこでの学びをまとめてみます。

【結果】キャッシュカード方式は高額のため利用不可

まず結論からお話すると、キャッシュカード方式はめちゃくちゃ手数料が高かったので、当ジムでは導入できませんでした。

今の手数料に加え、ざっくり以下の料金が発生します。

  • 新規導入費用 100万円
  • 月々の手数料 1万円

当ジムのような200名弱の引き落としをしている規模で使うものではありませんでした。

導入できたら便利だったのにな・・・

口座振替の基礎講座

ここからは、口座振替についての基礎講座です。
興味のない人は、ここでさようなら。

3つの方式

口座振替を始めるには、3種類の方法があります。

  • 口座振替依頼書を提出する
  • キャッシュカードを読み取って暗証番号を入力する
  • ホームページ上でお客さまの口座情報を入力する

口座振替依頼書方式

基本的な方法ですね。
当ジムでは、この方式です。

口座振替依頼書にお客様の口座情報を書き、銀行へ届け出た印鑑を押す。
その依頼書をお店が銀行へ送付する。

中には、お客様が銀行へ直接持っていくパターンもございます。
私が会社で融資を受けた際、返済口座の登録はこちらのパターンでした。

【メリット】

  • 手数料が安い
  • 導入が簡単
  • 全部の金融機関で利用できる

【デメリット】

  • 銀行印が必要
  • 登録までに時間がかかる(1ヶ月くらい)
  • 銀行へ送る(行く)必要がある

キャッシュカード方式

私が入会した24時間ジムは、この方式でした。
今回、当ジムへ導入しようとして断念したのもこの方式です。

キャッシュカードのデータを機械で読み取り、暗証番号を入力すれば完了します。

【メリット】

  • 銀行印がいらない
  • 口座の情報を書く(入力する)必要がない
  • 銀行へ送る(行く)必要がない
  • 登録が早い(1~2週間くらい)

【デメリット】

  • 費用が高い
  • 導入するのに機械が必要
  • 使えない金融機関がある

実は、キャッシュカード方式が使えない銀行が多いのも残念な点です。
当ジムのお客様も利用されている、「新生銀行」「ジャパンネット銀行」「セブン銀行」「住信SBIネット銀行」「ソニー銀行」「〇〇信託銀行」なんかが使えません。
ネット銀行や信託銀行で使えないんじゃ、話になりませんよね。
(なぜか「楽天銀行」はOKっぽいです。)

ウェブ方式

ホームページ上で手続きが完了してしまうケースですね。
クレジットカードの申込とか保険の申込とか、そんな感じです。

導入費用・ランニング費用は、先ほどのキャッシュカード方式よりも高額です。

今後できるかもしれない方式

今後、SMSを使った口座振替の申込を開発しているみたいです。
銀行印もキャッシュカードもいらないので、できたら便利ですよね。

できるようになったら、当ジムでも導入するかもしれません。

口座振替 Q and A

ここからは、口座振替についてよくある質問&よくある勘違いをまとめます。

届出印鑑が分からなくなってしまいました。どうすればよいですか?

方法は2つあります。

1つめは、思い当たる印鑑を全て口座振替依頼書に押していただく方法。
2種類なら2枚、3種類なら3枚書く必要が出てきますが、合っている印鑑が1枚でもあれば引き落としができます。

2つめは、お客さまが直接銀行へ確認しに行く方法。
届け出た印鑑が確実に分かりますので、営業時間内に銀行へ行く時間があるのなら、こちらの方法をおすすめします。
ゆうちょ以外の銀行では、ついでに銀行が口座振替依頼書を預かってくれるので、お店側が銀行に送る手間が省けるというメリットがあります^^

届出印鑑が分かりません。とりあえず、これだと思うのを押しますので、次回トレーニング時(一週間後)に合っていたかどうか教えてください。
一週間後に教えるのは不可能です。銀行へ送ってから、回答までに一ヶ月くらいかかります。しかも回答があるのは間違っていた時のみなので、合っていた時には引き落としができた段階まで分かりません。
家族名義の口座から引き落としはできますか?
できます。同意があれば、家族名義の口座から引き落とし可能です。例えば、ご夫婦で通われる際、どちらかの口座で2人分まとめて引き落とすことも可能です。
金融機関コードや支店コードが分かりません。
書かなくてOKです。
なんで入会手続き時に会費2ヶ月分払わなくてはいけないのですか?(あまり口座振替とは関係ありませんが・・・)
引き落としを開始するまでに1~2ヶ月くらい時間がかかるためです。現金のやり取り回数を最小限にするため、入会手続き時にまとめていただいております。
引き落としができませんでした。どうすればいいですか?
次回ご利用時に、現金でお支払いください。なお、あまりにも現金払いが多いお客さまには、別途手数料(1回1,000円)をいただいく場合がございますので、予めご了承ください。

口座振替導入のきっかけ

口座振替について、まとめです。

当ジムで口座振替を利用しているのは、実は独立時のお客さまに言われた一言がきっかけでした。

「毎月毎月、月謝を持ってくるの面倒だよ。忘れそうにもなるし。何とかならないの?」

それで、口座振替を利用し始めました。

結果、お客さまにもジムにもメリットがあるなと感じて、今も続けております。

マニアックなトピックにお付き合いいただき、ありがとうございました。

※ ちなみに、「現金払いにしてほしい」ってお客さまが、たまにいらっしゃいます。申し訳ございませんが、当ジムでは現金払いを受け付けておりません。現金払いOKのジムをお探しいただきますよう、お願いいたします。

まずは30分間の加圧トレーニング体験から

初回は5,000円(税込)で30分間の加圧トレーニング体験ができます。カウンセリングも行いますので、運動の目的や不安な点などお気軽にお話ください。

皆様のご利用をお待ちしております。

加圧トレーニング
最新情報をチェックしよう!