ミュー成増は「運動を習慣にすること」を目的としたパーソナルトレーニングのジムです。自分一人では運動を続けられない方は是非ご利用ください。
パーソナルトレーニング

腕立て伏せやスクワットがいつまでもキツい理由

こんにちは。パーソナルトレーナーの田中です。
いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

よくある質問です。

・腕立て伏せがいつやってもキツいです。効果がないってことですか?
・スクワットがいつやってもキツいです。ラクにできる方法はありますか?

これらの質問にお答えします。

自重トレーニングがキツイ理由

腕立て伏せやスクワットは、自分の体重を負荷にする自重トレーニングです。

自重トレーニングは、自分の体重によってキツさが変わります。
・体重の重い人は負荷が強くなる⇒キツくなる
・体重の軽い人は負荷が弱くなる⇒ラクになる

また、トレーニングのキツさは自分の筋肉量によっても変わってきます。
・筋肉量の多い人は負荷に耐えられる⇒ラクになる
・筋肉量の少ない人は負荷に耐えられない⇒キツくなる

これらをまとめると、体重を落として筋肉量を増やすと自重トレーニングはラクになるのです。

でも実際のところ、筋肉を増やすと、その分体重も増えるんです。
逆に、ダイエットに成功して体重を落とすと、その分筋肉も減る。
結果的に、どちらに動いても自重トレーニングのキツさは変わらないんです。

自重トレーニングは効果なし?

最初の質問に答えます。

腕立て伏せがいつやってもキツイです。効果がないってことですか?
筋肉を増やす効果はあります。

自重トレーニングをすると、筋肉量は増えます。
その分の体重が増えるので、トレーニングの負荷は増します。

なので、いつやってもキツいのは全く問題ありません。

自重トレーニングはラクにできる?

次の質問。

スクワットがいつやってもキツいです。ラクにできる方法はありますか?
スクワットの負荷は上半身の重さに左右されます。スクワットをやりつつ、上半身の重さを減らせばラクになります。

スクワットをすると、下半身の筋肉が付きます。
下半身に筋肉を付けつつ、上半身の重さ(筋肉や脂肪)を落とさば、理論上ラクになっていきます。

と言っても、お腹周りの脂肪を落とそうと食事制限をすると、脚の筋肉も落ちてしまいます。
逆に脚の筋肉のために栄養をたっぷり摂ってあげると、無駄な分はお腹周りに蓄積されます。

なので、いつやってもキツイのは全く問題ありません。

自重トレーニングはキツくて正解

今日は、当ジムで不人気なメニューである「腕立て伏せ」と「スクワット」について解説しました。

2kgとか5kgとかのダンベル運動よりも、50kgとか80kgとかの自重トレーニングの方がキツイのは当たり前です。
大きな筋肉を効率よく鍛えられるトレーニングなので、嫌がらずにやっていただけると幸いです。

なお、加圧トレーニングでは圧による負荷も存在します。
・強い圧をかけると負荷が増す⇒キツくなる
・弱い圧をかけると負荷が減る⇒ラクになる

いつまでたっても進歩がないと感じるのは、かける圧が少しずつ高くなっている可能性もございます。

・・・・・

最後に、自重トレーニングはラクにやろうとしてはダメだよって話をします。

「入会時はスクワット10回でフラフラしてたのに、1年間トレーニングを頑張ったら100回余裕でできるようになりました♪」

もし、この言葉に共感できるのでしたら、ちょっと待ってください。

フォームや速さが間違っている可能性大です。
ラクにやろうとするあまり、フォームが崩れたり、速さが適切でなかったりしています。

自重トレーニングはキツいのが正解なので、ラクだと感じたらトレーニング内容を見直した方がいいですよ。

まずは30分間の体験から

初回は5,000円(税込)で30分間の加圧トレーニング体験ができます。
カウンセリングも行いますので、運動の目的や不安な点などお気軽にお話ください。

運動の初心者・未経験者も大歓迎です。

24時間・予約受付中
▲名前と電話番号を登録の上ご予約ください▲