トレーニングスペース

競合他社という考え方【競争に疲れた人へ】

東京都板橋区のパーソナルトレーナー、田中です。
毎日15名くらいに加圧トレーニングの指導をしつつ、ブログを書いております。

先日、「Googleマップに上位表示しないですか?」って営業がきました。
上位3位に入った日×1,000円の成果報酬みたいです。
Googleマップに上位表示するのは、自分でも簡単にできます。
変な業者さんに騙されないようにしてください。

Googleマップの管理画面に、こんな表示がされます。
「お客様の同業他社はこんな投稿をしています!」
投稿を煽るためだと思います。

同業他社を競合他社って言う人もいますね。
この「競合他社」って言葉、どう思いますか?

今回は、近くに競合他社のお店ができてお悩みの方へ向けた記事です。
ミュー成増の実体験を踏まえて、競合他社について解説したいと思います。

近くのお店は仲間

経営者
近くに似たようなお店が出来てしまいました。
それは良かったですね。
一緒にこの業界を盛り上げていきましょう。

私の考えはこんな感じです。
似たようなお店は、競合ではなく、パートナーとかライバルとかって考えた方が良さそうです。

1店舗でできなくても、2店舗で協力すればできることもあります。
上手く切磋琢磨できれば、お客様にとっても利点があります。

競合と言っていいのは、需要に対して供給が過剰な業態だと思います。
パッと思いつく感じ、コンビニとか歯医者さんとか理美容業界とかですかね。

私の競合他社の考え方

全く同じサービスを、同じ時間で、同じ料金で提供している他社さんが現れたら、競合他社と言えるかもしれません。

パーソナルトレーニングでは、ほぼ不可能です。

ミュー成増は、加圧トレーニングを20分3,000円で提供しております。
これが、AIを使ったマンツーマントレーニングを20分3,000円で提供するパーソナルジムが隣にできたとしましょう。

全く、競合他社にはなりません。

提供しているものが全然違うためです。

同じ加圧ジムだったら?

実は、ミュー成増の隣に、加圧トレーニングのジムがあった時がございました。

できた当初、お客様にこんなことを言われたのを覚えております。

  • これから大変になるね
  • 商売敵ができたね

当時、ミュー成増もオープンしたばかりで会員数は100名くらいでした。

隣の加圧ジムは時間も料金も違います。
当然ながら、提供しているメニューも違います。

  • ミュー成増 20分 3,000円
  • 隣の加圧ジム 30分 4,200円(当時)

それに、当店には既に100名のお客様がいらっしゃいます。
私1人でやっていた時代なので、受入数は限界です。

加圧ジムができたことに関して、特に危機感みたいなのはありませんでした。

隣の加圧ジムから学ぶ

それから数年後、とある事件が起こります。

外から帰ってきたミュー成増のトレーナー遠藤が珍しく怒っています。
彼は温厚な性格なので、どうしたものかと思ったら・・・

遠藤
田中さん、これひどくないですか!
田中
どうした!?

先の加圧ジムのチラシを持ってきたんですね。

このように書いてありました。

他のジムでは20分とかでやっていますが、うちではきちんと30分やります!
加圧トレーニング本部の教えを忠実に守ってやっているのは、うちだけです!
(もう当時のチラシはないので、私の記憶で書いております。)

田中
なんか、あれだね・・・
20分の加圧トレーニング=本部の教えを守ってない
こんな風に読めるね。
遠藤
そうですよね・・・

とは言え、危機感の全くない私。
普段だったら、このように言っていると思います。

田中
これを読んで判断するのは、あくまでお客様だからね。
お客様にとって、本部の教え云々はそこまで重要ではなくないか?
20分がいいお客様はうちに来るし、30分がいいお客様はそちらに行くし・・・
好きにやらせておけばいいじゃない??

でも、今回は怒って報告してきたので、経営者として何もしないわけにはいきません。

SWOT分析

そんなときにSWOT分析は役に立ちますね。

自社の強み・弱み、他社の強み・弱みなんかを分析して、どうするか考える時に使います。

慣れないうちは紙に書いて、あれこれ考えて時間をかけてやりますけれど・・・
慣れてくれば、頭の中でボケ~っと考えているだけで解決します。

分析の結果、他社さんはなぜか「加圧トレーニングの正規認定施設」に登録してないことが分かりました。

本部の教えを守っているジムが、その本部の正規認定施設になっていない!?

耳を疑うような事実です。

私がやることはただ1つ。
チラシやホームページ等で「ミュー成増は加圧トレーニングの正規認定施設です。安心して加圧トレーニングを受けられますよ。」って認定書とともに載せるだけ。

それだけで、会員数が増えました。

他社さんと遠藤先生に感謝です。
私が気付かなかった、お客様のニーズ(不安?安心感?)を教えてくれたのですから。

ありがとうございます♪

何かされたら感謝できる材料を探す

近くのお店に何かされたら、先ほどのような対応はいかがでしょうか?
怒ったり萎えたりしても、何も解決できません。
逆に感謝できる材料を探す方が建設的です。

会社員だったころ、上司に理不尽に怒られて・・・
何もできない自分にイライラしていたのを思い出しました。
数年後に、何で怒られたのか分かった時に、「ありがたいな」って思いましたよ。

近隣のお店からの攻撃は、上司だと思えばいいかもしれませんね。

わざわざ言ってくれることなんて、そんなにあるわけではないですから。

競合他社なんていない。上手く活用しよう。

競合他社は、お店の経営者や責任者が自分自身で勝手に作り出しているだけだと思っております。

上手く経営すれば、少しくらいお店が増えてもそんなに怖くはないです。

それに、他社さんから攻撃されることなんて、日本では滅多にないことだと思います。
競合を批判してるのは、選挙中の政治家くらいかな。

  • 競合なんて勝手に作り出さない
  • 競争をしない
  • 批判しない

こんなことに貴重な時間を使うのではなく、自分のお店の良い点を磨きましょう。
お客様にそれが伝われば、楽しいお店になりますよ。

私はそんな感じで、マイペースに経営しております♪

まずは30分間の加圧トレーニング体験から

初回は5,000円(税込)で30分間の加圧トレーニング体験ができます。カウンセリングも行いますので、運動の目的や不安な点などお気軽にお話ください。

皆様のご利用をお待ちしております。

トレーニングスペース
最新情報をチェックしよう!