パートナーストレッチ

夜中に足がつる確率を減らす方法

こんにちは。パーソナルトレーナーの田中です。
お客様の運動習慣をサポートしつつ、ブログを書いております。

今日はお客様との会話から。

昨日、寝ている時に足をつりました。
痛いですね。足のどこをつったのですか?
ふくらはぎ。
右?左?
右。

こんな感じのご報告を頻繁にいただきます。

その都度アドバイスをしていることを書きます。
足がつる確率を80%減らせます。

足がつる原因

そもそも、なぜ足をつってしまうのでしょう?

原因は3つあります。

1. 水分不足
2. 冷え
3. 凝り

これらを解決すれば、足がつる確率を減らせます。

水分不足

足がつる原因、1つめは「水分不足」です。

睡眠中は水を飲まないので、水分不足になっている時間が長くなります。
よって、足がつりやすくなります。

① 寝る前に水を飲みましょう。

酒じゃダメですよ。
酒だと利尿作用により、何も飲んでいない時よりも水分不足になります。

② 寝る前に酒を飲むのを止めましょう。

冷え

足がつる原因、2つめは「冷え」です。

寝ている時は、温度管理が疎かになります。
暑くて布団を蹴飛ばしてしまい、足が冷えてつってしまう。
こんな感じになるのです。

③ しっかりと気温に適した布団をかけましょう。
(薄すぎると冷えますし、厚すぎると暑くて蹴飛ばして冷えてしまいます。)

夏は、エアコンや扇風機も要注意です。

④ エアコンの設定温度を低くしすぎないようにしましょう。

⑤ 扇風機の風を直接当てないようにしましょう。

凝り

足がつる原因、3つめは「凝り」です。

凝ると血流が悪くなります。
血流が悪くなるとミネラルのバランスが崩れるので、力を入れなくてもいいタイミングで筋肉が収縮してしまいます。
簡単に言うと、つってしまいます。

運動不足すぎて凝ってしまうパターンもあれば、使いすぎて凝ってしまうパターンもあります。
何もしてないのにつる方は前者、歩きすぎた日の夜につる方は後者。

⑥ 適度な運動をしましょう。

なかなか運動をする時間を取れない方は、ほぐしたり伸ばしたりするのも効果的です。

⑦ 足のマッサージをしましょう。

⑧ 足のストレッチをしましょう。

足がつる確率を減らす方法8つ

今日は足がつる確率を減らす方法を8つご紹介しました。

  1. 寝る前に水を飲む。
  2. 酒を飲まない。
  3. 気温に適した布団をかける。
  4. エアコンの設定温度を低くしすぎない。
  5. 扇風機の風を直接当てない。
  6. 適度な運動をする。
  7. 足のマッサージをする。
  8. 足のストレッチをする。

できる対策からやってみてください。

なお、つりそうになったとき(前兆があったとき)につるのを回避する方法なんかもありますので、気になったらトレーニングの時にでも聞いてください。

足のマッサージやストレッチを自分でやるのが面倒であれば、「もみほぐし」「パートナーストレッチ」を受けてみてください。
足だけなら最短の15分コースで十分なので、トレーニング後にサクッとどうぞ。

ご予約はLINEにて。

友だち追加

まずは30分間の体験から

初回は5,000円(税込)で30分間の加圧トレーニング体験ができます。
カウンセリングも行いますので、運動の目的や不安な点などお気軽にお話ください。

運動の初心者・未経験者も大歓迎です。