パーソナルトレーニング

風邪は予防するもの?治すもの?

こんにちは、ミュー成増の田中です。

当ジムでは、薬剤師さんが何名か通ってくれております。
薬学部の学生さんも通ってくれてます。
看護師さんとか全部ひっくるめて医療関係従事者って考えると、会員の半数近くになるんじゃないかな。

そんな皆様と日々接している関係か、今日とてつもなく変な夢を見ました。
夢の中で、私がとっても魅力的な風邪薬を2種類開発しちゃいました。
今日は、夢の風邪薬の話でもしようかなと思います。

予防薬と治療薬

夢の中では、こんな風邪薬を開発しました。

A:毎日飲み続けるタイプの薬。飲んだ日は絶対に風邪をひかない、とっても魅力的な薬です。
B:風邪をひいた段階で飲むタイプの薬。飲んだ翌日にはどんな風邪も治ってしまう、とっても魅力的な薬です。

すごく変な夢ですよね・・・

どちらの薬が魅力的?

ここで質問ですが、どちらの薬が魅力的だと思いましたか?

薬の値段までは夢で出てこなかったので、勝手に設定します。
A薬は1回273円。1年間365日飲み続けたとして年間10万円弱。
B薬は1回10万円。高額ですが、絶対に効くから致し方ありません。
要は、1年に1回風邪をひく人なら、薬価は変わらないとしましょう。
(私の夢の中の薬なので、保険なんてききませんよ。)

値段だけでは決められないので、メリットとデメリットを整理してみます。

予防薬のメリット・デメリット

メリットは何と言っても、ツラい風邪の症状にかからなくて済む点です。
完全に予防できるわけですから、家族に風邪をうつしてしまうなんてことも最小限に抑えられます。

デメリットは、毎日飲み続けなくては効果がない点。
時間がない人とか忘れっぽい人には、向かない薬かもしれませんね。

治療薬のメリット・デメリット

メリットは、風邪をひいても絶対に次の日には治る点。
風邪の時だけ飲めばいいから、元気な時は気にする必要はありません。

デメリットは、薬が高い点。
風邪をひく度に10万円も払えますか?って問題があります。

治療よりも予防!?

ここまでお読みいただいて、どちらの薬がいいと思いましたか?

「治療よりも予防」なんて言われて結構経ちますけど、実際には治療薬の方が魅力的に感じた人が多いと思います。

上には書きませんでしたが、予防薬には最大のデメリットがあります。
効果があるんだか、ないんだか、よく分からない点。
そもそも、薬を飲んでいるから風邪をひいてないのか、薬に頼らなくても風邪をひいてないのか、分からないんです。
だって風邪ひかないんだもん。

予防薬:効果が良く分からない
治療薬:即効性あり

効果が微妙な薬に毎年10万円も出せますか?

さらに、時間的なデメリットも予防薬にはございます。
薬を飲むのに準備・片付け等を含んで1分くらいかかるとしましょう。

予防薬:1年で365分(約6時間必要)
治療薬:1年で1分(1回しかひかなった場合)

治療よりも予防を選択することで、1年に6時間も浪費されます。
その時間、もったいなくないですか?

それでも予防薬って答えたあなたへ♪

夢の風邪薬に関する記事のまとめです。

夢で完全に予防できる薬と完全に治療できる薬を開発してしまい、起きてシャワーを浴びている時に考えました。
どんなに薬が素晴らしくても、予防には手間や時間がかかるよな。
そうなると、みんな手っ取り早い治療の方に行くよね。

当ジムで提供している「運動」なんかも予防の類で、一生やり続けるとなるとお金も手間も時間もかかります。
ただ健康でありたいってだけで、運動を選択する人って少数派なんだよなってこと。

ここまでお読みいただき、それでも予防の方が向いているとお考えの皆様へ。
当ジムは、あなたのような考えの方向けのパーソナルトレーニングになります。
よろしければ、一度体験にいらしてください。

まずは30分間の体験から

初回は5,000円(税込)で30分間の加圧トレーニング体験ができます。
カウンセリングも行いますので、運動の目的や不安な点などお気軽にお話ください。

運動の初心者・未経験者も大歓迎です。