パーソナルトレーニング

ダイエットの成功はスーパーで決まる

こんにちは。パーソナルトレーナーの田中です。
お客様の運動習慣をサポートしつつ、ブログを書いております。

ダイエットに失敗する原因の9割は「食べ過ぎちゃうこと」です。

食べ過ぎないように意志力で解決するのは間違い。
そんなに意志力って強くはありません。

正解は、食べ過ぎない仕組みを作り上げること。

今日は「パーキンソンの法則」に従って、食べ過ぎない仕組みを作ってみます。

パーキンソンの法則

そもそもパーキンソンの法則を知らなければ話になりませんので、簡単に解説します。

“支出の額は、収入の額に達するまで膨張する。”

例えば仕事で昇進して、年収が100万円アップしたとしましょう。
1年後、その人の預金残高はいくら増えていると思いますか?

単純計算では100万円増えているはず。
でも残念ながら、多くの人は100万円も増えていない。
それどころか、1円も増えていない。

これがパーキンソンの法則です。

増えた100万円は一体どこへ消えてしまったのでしょうね・・・

第1法則:食卓の法則

“食べる量は、食卓に並べられている食事の量まで膨張する。”

ダイエットにおけるパーキンソンの第一法則は、「食卓に並べられている量まで食べてしまう」傾向にあることです。

・残してしまうのは、作ってくれた人に失礼
・捨ててしまうのは、もったいない

このように考えている方、多くないですか?

結果、無理してでも全部食べてしまいます。

では、食卓に並べる量を減らすにはどうすれば良いのか?
作りすぎなければいいだけの話ですね。

第2法則:料理の法則

“食卓に並べる量は、料理した量まで膨張する。”

ダイエットにおけるパーキンソンの第二法則は、「料理をした量まで食卓に並んでしまう」傾向にあることです。

せっかく作ったのに、そのまま捨ててしまうのはもったいないですよね。
次の食事まで持ち越してもいいですが、味も栄養も落ちてしまいますし。

では、作る量を減らすにはどうすれば良いのか?
冷蔵庫にストックしすぎなければいいだけの話ですね。

第3法則:冷蔵庫の法則

“料理をする量は、冷蔵庫に入っている食材の量まで膨張する。”

ダイエットにおけるパーキンソンの第三法則は、「冷蔵庫に入っている食材の量まで料理を作ってしまう」傾向にあることです。

せっかく保存しておいたのに、使わないで捨てちゃうのはもったいないですよね。
ちょっぴり余らせても他に使い道がなければ、無理してでも使ってしまいます。

では、冷蔵庫の中身を減らすにはどうすれば良いのか?
買いすぎなければいいだけの話ですね。

第4法則:スーパーの法則

“冷蔵庫に入っている食材の量は、スーパーで購入する量まで膨張する。”

ダイエットにおけるパーキンソンの第四法則は、「スーパーで購入した量まで冷蔵庫の中身は増えてしまう」傾向にあることです。

あたり前ですが、買ったものは冷蔵庫で保管しますね。
これが、必ず食べると決めている物ならOK。

でも、とりあえず買って→とりあえず冷蔵庫へ保管は大問題。
結果、料理をして→食卓に並んで→無理して食べる・・・になってしまうのです。

痩せられるかどうかはスーパーで決まる

ダラダラと書きましたが、今日言いたいのは1つだけ。

「痩せたければ、スーパーで不必要な量を買ってはいけない。」

これさえ守れば、無理して食べ過ぎちゃうことがなくなります。
ついつい食べ過ぎちゃうこともなくなります。(だって食べる物がないんだもん。)

これでダイエットの成功率をアップできます。
しかも、食費をダウンできる「おまけ」が付きます。

最後に、よくありそうな質問に答えて終わりにします。

 

食べてもいい量のみしか買わず、食後にお腹が空いてしまう場合には、どうすればいいのですか?
その時はスーパーやコンビニに駆け込んで、今食べられる量だけ買って食べてください。間違っても、ストックは買っちゃダメ。「今」食べたい量だけ。

このメリットは3つあります。

・スーパーやコンビニへ行くのが面倒だから諦める。
・スーパーやコンビニへ行くまでに食欲が落ち着く。
・スーパーやコンビニへ行くのにエネルギー(カロリー)を消費する。

どのパターンでもダイエットにはプラスに作用します。

まずは30分間の体験から

初回は5,000円(税込)で30分間の加圧トレーニング体験ができます。
カウンセリングも行いますので、運動の目的や不安な点などお気軽にお話ください。

運動の初心者・未経験者も大歓迎です。