パーソナルトレーニング

今こそ家トレのチャンス!(実践編)

こんにちは、ミュー成増の田中です。

先日、家トレの重要性を説明いたしました。
「100点中10点でもいいから、筋力維持のために家トレしましょうね。」といった内容です。

では、具体的に「家でどんなトレーニングをするべきなのか?」を今日は説明いたします。

【60点】家でもジムと同じ運動をする

まず、結論から書いておきます。

家トレの内容はジムでのトレーニングメニューと同じでOKです。
むしろ、変えない方がいい。

当ジムの会員さんであれば、毎週やっている20分の運動をそのままやればOKです。

  • ベルト巻かなくてもいいの?
  • ダンベル使わなくてもいいの?
  • 道具ないけどいいの?

そんな疑問を持ったら、前回の記事へ戻ってください。
家トレは10点でいいんだから、そこまで気にしなくていいですよ。

  • ベルトなんて巻かなくてもOK。これを買ってもいいけど、今はオススメできない。
  • ダンベルなんて使わなくてもOK。余裕があればペットボトルに水入れて代用可。
  • 道具も使わなくてOK。道具が必要な種目はスキップしましょう。

週1回・20分の全身運動が家でできれば、60点です。

【30点】一番気になる部位のみ運動する

理想はジムと同じ全身運動ですが、なかなか続けるのが難しい方もいらっしゃると思います。

ちょっとハードルを下げて、1種目だけトレーニングをするのはどうでしょうか?

  • お腹が気になるのであれば、腹筋だけやる
  • 脚やお尻が気になるのであれば、スクワットだけやる
  • 二の腕が気になるのであれば、腕や肩のストレッチだけやる

これなら3分~5分くらいで終わるので、そこまで大変ではないと思います。

種目に迷ったら、スクワットがベストです。

  • 動きのある筋トレやストレッチの回数は、10回・3セット
  • 動きのない筋トレやストレッチの長さは、1回30秒を3セット
  • 3セットは同時にやらなくても、朝・昼・夜に分けてOK

このくらいを目安にやってみてください。

一つの部位でもしっかりとトレーニングができれば、30点です。

【10点】1回だけ筋トレする

たった3分の筋トレも難しい?

そんな方には、さらにハードルを下げます。

何でもいいから1日1種目1回トレーニングをしてください。
例えばスクワットなら、毎日1回必ずやってください。

ダメなのは、「だったら週に1回・スクワットを7回やればいいんだよね」ってアレンジ。
これでは家トレが習慣にならないからダメです。

詳しくはこちらに書いてありますので、興味があれば読んでみてください。

1日1回のトレーニング

こんにちは、ミュー成増の田中です。お客様から、こんな質問がありました。家で運動しようと思える時は、毎日運動ができます。でも、思えない時は、全くできません。どうすればいいですか?ミュー成増は「週1回の運動習慣を[…]

加圧トレーニング

1回だけでも毎日運動ができれば、10点です。

家トレは無理せずのんびりやりましょう♪

家トレ実践編のまとめです。

家トレは筋力維持のために、とっても重要です。
今すぐ始めましょう。
具体的には、いつもジムでやっている運動をできる範囲でやればOKです。

モチベーションが維持できない場合には、ハードルを上げすぎです。
最初は1日1回で構わないので、家で運動する習慣を作ることが重要です。
習慣ができてから、ハードルを少しずつ上げていっても遅くはありません。
その方が「今日はサボっちゃった・・・」みたいな罪悪感がなくなるので、個人的にはオススメしております。

次回は、家トレを続けるためのルール作りを書きます。

まずは30分間の体験から

初回は5,000円(税込)で30分間の加圧トレーニング体験ができます。
カウンセリングも行いますので、運動の目的や不安な点などお気軽にお話ください。

運動の初心者・未経験者も大歓迎です。