施設

正しい休会の取り方

こんにちは。パーソナルトレーナーの田中です。
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

ジムには、しばらく通えなくなる方へ向けて休会の制度がございます。

休会は便利ですが、「使ってもないのに休会費がかかる」と経済合理性に欠ける制度なので、個人的にはあまりオススメしておりません。

休会の正しい取り方と間違った取り方について解説します。

正しい休会の取り方

正しい休会の取り方は、以下のようなケース

・来月は繁忙期なので、1ヶ月間休会します。
・全治3ヶ月のケガをしてしまったので、3ヶ月間休会します。
・半年間出張になったので、半年間休会します。

こんな感じで、休会期間が明確に決まっているケースです。
できれば通えない期間と休会期間が一致していると、さらに◎

間違った休会の取り方

次に、間違った休会の取り方です。

・仕事が忙しいので、とりあえず3ヶ月間休会します。
・身体の調子が良くないので、半年くらい休会します。
・しばらく出張になったので、1年間休会します。

こんな感じで、休会期間がふんわりしているケース。

・3ヶ月後に仕事は落ち着くのですか?
・半年後に体調は良くなるのですか?
・1年後に出張から戻ってこられるのですか?

これらの質問がYESじゃない限り、休会をすべきではありません。

休会ではなく・・・

では、どうすれば良いのでしょうか?
解決策は2つあります。

解決策1:できる範囲で続ける

1つめの解決策は、できる範囲で運動を続けてみることです。

・繁忙期でも週20分なら時間を取れないですか?
・腰の調子が良くないなら、腰に負担をかけないメニューの運動はできないですか?
・出張から戻ってくるタイミング(週末とか)で通えないですか?

無理なく通えるよう、トレーナーに相談してみましょう。

解決策2:退会する

2つめの解決策は、退会することです。

・家に帰る時間もないくらい忙しい
・運動はドクターストップ
・転勤先は海外で日本に戻ってこない

このような場合、絶対に通えませんよね。
思い切って退会しちゃいましょう。

通えるようになってから、再入会すればいいのです。

再入会ってしにくいんだよね・・・

そのような声もいただきますが、気にする必要はありません。

大体のジムで、再入会はウェルカムです♪

休会は賢く使おう

今日は、休会について個人的な意見を書きました。

明確に通えない期間が決まっているのであれば、便利な制度です。
上手く活用してください。

休会期間が不明確な場合には、続けるか・辞めるか検討してみる方がいいかもしれません。

休会は休会費がかかってしまうことも欠点ですが、もう一つ重大な欠点がございます。

「知らぬ間に休会期間が終了していて、会費が引き落とされていた!」

このようなケースが、ちょいちょい発生しております。

1年前に決めた休会期間なんて、覚えてないですよね。

こんな事故を避けるためにも、休会する場合には「期間」に注意してください。

まずは30分間の体験から

初回は5,000円(税込)で30分間の加圧トレーニング体験ができます。
カウンセリングも行いますので、運動の目的や不安な点などお気軽にお話ください。

運動の初心者・未経験者も大歓迎です。