施設

東京の加圧トレーニングは「ミュー成増」と言わせたい

東京都板橋区のパーソナルトレーナー、田中です。
毎日15名くらいに加圧トレーニングの指導をしつつ、ブログを書いております。

Googleマップに上位表示するのは、簡単です。

関連記事

東京都板橋区のパーソナルトレーナー、田中です。毎日15名くらいに加圧トレーニングの指導をしつつ、ブログを書いております。先日の記事で、「Googleマップに上位表示するのは、自分でも簡単にできます。」と書きました。[…]

受付

業者に頼まずに、自分でやりましょう。

逆に、Google検索で上位表示するのは、難しいです。
かなりしんどいんでオススメしません。
だからと言って、業者にお願いするのもオススメしません。
やるならご自分でどうぞ。

検索上位に表示させることを、SEO対策って言います。
今回は、SEOに興味がある人向けに、対策方法を解説いたします

やることは、ただ1つ

検索結果に上位表示されるのに、必要なことはただ1つです。

良質なコンテンツを作ること

後ほど解説します。

SEO対策の基本

お客様の漠然とした不安を解決してあげるのが、SEOの基本です。

〇〇が心配だから、△△が欲しい。だから、あなたのお店で買いたい。

こんなストーリーを描くとします。

このお客様は「〇〇」とか「△△」とかで検索するはずです。

  • 「〇〇が心配なら、△△を買った方がいいですよ」って記事
  • 「△△を買うなら、うちのお店がいいですよ」って記事

こんな感じでページ作りをしていくのが、SEO対策です。

1ページ目に表示されないと意味なし

お客様は、基本的に検索結果の1ページ目しか見ません。
せっかちな人なんかは、上1~3つくらいしか見ないかもしれません。

なので、1ページ目を目標にしましょう。

1ページ目といっても、何位までが1ページ目とは決まっていません。
大体は10位までですが、強いサイトとかがあると2位と3位はそのサイトで独占されたりします。

具体的なやり方

ここからは、具体的なやり方です。

1. 上位表示させたいキーワードを探す

自分のお店に来てくれるお客様が、検索に使用するであろうキーワードを探してください。
センスがある経営者なら自分で考えてもいいですが、なかなかお客様の気持ちを理解するのは難しいです。

ここは、素直にお客様に聞いちゃいましょう。

  • なんで、うちのお店を知ったんですか?
  • なんで、うちのお店で買おうと思ったんですか?
  • なんで、うちのお店に来ようと思ったんですか?

意外なキーワードが出てくるかもしれませんよ。

2. 狙ったキーワードに関してページを作る

キーワードが分かれば、それに関してのページを作るだけです。
ページのタイトルにキーワードを入れるのをお忘れなく。

3. 気が向いたら作ったページを編集する

作ったら、そのまま放置・・・

これでは、順位が上がっても、そのうち下がってしまいます。
情報が変わりましたら、その都度更新をしましょう。

常に最新情報を載せているだけで、Googleからもお客様からも評価は上がります。

実績と注意点

ここまでやり方を説明しました。

「これでどれだけの効果があるのか?」
疑問だと思います。

そこで当店の実績を公開いたします。
ついでに注意点も書いておきます。

実績

まず、位置情報をGoogleに提供せず、「成増」という当店の最寄り駅を加えて検索した結果です。

  • 「加圧トレーニング 成増」 1位
  • 「パーソナルトレーニング 成増」 1位
  • 「ジム 成増」 6位
  • 「ストレッチ 成増」 5位
  • 「もみほぐし 成増」 7位

次に、位置情報をGoogleに提供して、キーワードのみで検索した結果です。

  • 「加圧トレーニング」 2位
  • 「パーソナルトレーニング」 8位
  • 「ジム」 圏外
  • 「ストレッチ」 圏外
  • 「もみほぐし」 圏外

上記の通り、キーワードのみで検索結果に表示するのは、かなり難しいです。
実店舗の場合、最寄り駅等の地域名を入れてページを作った方が良さそうです。

注意点

狙った地域に同業他社が多い場合、特に大手の企業だった場合、上位に表示させるのが困難になります。

当店の例です。

「加圧トレーニング」や「パーソナルトレーニング」は店舗数が少ないので、1位に表示されます

「ジム」は、大手の企業がトップを占めております。

ホットペッパービューティー等のポータルサイトも強いですね。
「ストレッチ」とか「もみほぐし」は、ポータルサイトがトップを占めております。

当店の運用方法

当店は毎日ブログを更新しておりますが、キーワードを練ってから記事を書くことは滅多にありません。

お客様のニーズをつかんで記事を書ける時のみ、本気で書いている程度です。

小さな子どもがいるけど、連れてってもいいですか?

こんな問い合わせがありました。
子連れニーズがあるってことですよね。
「子連れ ジム」で記事を書いてみようかな。

「子連れ ジム」で記事を書いてみた

早速、書いてみました。

関連記事

こんにちは。意外と思われるかもしれませんが、小さな子供が大好きな田中です。毎週月曜日は生後4か月の赤ちゃんが来てくれます。毎週水曜日はもうすぐ2歳になる女の子が来てくれます。こんな感じで、ミュー成増はお子様連れOKです。[…]

当店で検索すると、1ページ目に表示されます。

子連れのお客様が増えてきた

子連れで利用されるお客様が、月に1名くらい入会してくれるようになりました。

記事を作るデメリット

狙ったキーワードではない記事が、上位表示されることがあります。

私の場合、メリットだけではなくデメリットもしっかり伝えようと考えておりました。

その結果、「加圧トレーニング デメリット」とか「加圧トレーニング 副作用」とか、そんなキーワードで上位にひっかかる記事が出てきてしまいました。

こんなキーワードで検索する人は、まず「加圧トレーニングをやろう!」と思っている人ではありませんよね。

逆にお店の評価を落とすかもしれませんので、あまり変なページは作らない方がいいかもしれません。

東京の加圧トレーニングは「ミュー成増」と言ってもらえなかった

私にとって、SEO対策は趣味の範囲です。
「上位表示されればラッキー」くらいな、軽い感じでやっております。

日本一の加圧トレーニングジム=ミュー成増

こんな感じにGoogleに認められないかなと思い、3ヶ月ほど試行錯誤をしておりました。

「加圧トレーニング 日本」

こんなキーワードで検索する人はまずいませんね。
日本の首都、東京でお店をやっております。

「加圧トレーニング 東京」

これなら行けるんじゃないか!?

こんな感じで、ボチボチ対策をしてみました。

結果、1ページ目には表示されるようになりましたが、1位表示は夢のまた夢・・・無理ゲーでした。

本記事をもって、「加圧トレーニング 東京」での1位表示は諦めます。

ちなみに、この記事も「加圧トレーニング 東京」で検索上位を狙えるような文章にしております。
まぁ、内容がSEO対策なので、無理だと思いますが。

SEO対策は、お客様のニーズをつかんで、そのキーワードのみでやるのが時間対効果は良いと思います。

お店の場合には、ホームページをある程度作り込んでおけばいいのかな。

あとは、趣味の範囲でどうぞ。

まずは30分間の加圧トレーニング体験から

初回は5,000円(税込)で30分間の加圧トレーニング体験ができます。カウンセリングも行いますので、運動の目的や不安な点などお気軽にお話ください。

皆様のご利用をお待ちしております。

施設
最新情報をチェックしよう!