パーソナルトレーニング

運動を続けられる人と続かない人の違い

こんにちは。ミュー成増の田中です。

体験希望の方から、以下のような質問をいただきました。

体験希望者さま
運動を続けられる人と続けられない人の違いって何ですか?

入会前からこんなこと聞いてくる人、かなり珍しいです。
面白い質問だったので、記事にします。

運動が続くかどうかは考え方次第

運動が続けられるか、続けられないか・・・

それは、運動に対する考え方次第です。

あなたにとって運動って何ですか?

運動が続くかどうかが簡単に分かる質問です。

あなたにとって運動って何ですか?

ちょっと抽象的で答えにくいですかね。
もっと答えやすいように、AとBどちらに近いかでお答えください。

同じ質問を5回します。

あなたにとって運動って何ですか?

A お風呂に入るようなもの
B 温泉旅行へ行くようなもの

あなたにとって運動って何ですか?

A ハミガキをするようなもの
B 歯医者さんへ行くようなもの

あなたにとって運動って何ですか?

A ラジオ体操みたいなもの
B 運動会みたいなもの

あなたにとって運動って何ですか?

A 毎日やるもの
B やる気がある日だけやるもの

あなたにとって運動って何ですか?

A 長い期間かけて積み上げていくもの
B 短い期間で目標へ向かってやるもの

【答え】運動=日常生活の人は続けられる

質問の選択肢を見て、大体の察しはつくと思います。

運動がAに近いって人は、運動を続けられます。
逆に、Bに近い人は、運動を続けるのが難しい。

ってことで、質問の答えです。

運動が日常生活の一部だと考えている人は、続けらます。
運動が特別なイベント的なものだと考えている人は、続けられません。

やる気が出なきゃできない運動は続かない

家で運動を続けるコツの記事でも書きましたが、「運動はやる気が必要」って考えはまず改めましょう。

  • 運動=部活
  • 運動=体育
  • 運動=スポーツ

こんな考えから抜け出せないと、身体を動かすのが好きじゃない人は運動を続けられません。

運動を続けられるかどうかに関係ないこと

ついでに、運動を続けられるかどうかで、あまりアテにならない要素を書いておきます。

  • 過去に運動をしていたかどうか
  • 運動神経がいいかどうか
  • 痩せているかどうか
  • 仕事が忙しいかどうか
  • お金があるかどうか

過去に運動を全くしていなくても、運動神経が悪くても、太っていても、仕事が超多忙でも、お金に余裕がなくても・・・運動を続けられる人は大勢います。

これらのことは、運動しなくてもいい理由にはなりません。

運動は生活の一部

今日のまとめです。

運動は特別なことではありません。
日常生活の一部です。

やらない理由を考えている時間がムダなので、その時間で運動をしちゃいましょう。
3分でも1分でも30秒でも運動です。

「頑張らなきゃ運動じゃない」って考えは誤解なので、ご注意くださいませ。

まずは30分間の加圧トレーニング体験から

初回は5,000円(税込)で30分間の加圧トレーニング体験ができます。カウンセリングも行いますので、運動の目的や不安な点などお気軽にお話ください。

皆様のご利用をお待ちしております。

パーソナルトレーニング
最新情報をチェックしよう!