ミュー成増は「運動を習慣にすること」を目的としたパーソナルトレーニングのジムです。自分一人では運動を続けられない方は是非ご利用ください。

加圧トレーニング用ベルトの巻き方

NO IMAGE

KAATSU C3は、専用のベルト(KAATSU AIR BANDS)と一緒に使います。
加圧トレーニング用ベルトの巻き方です。

腕用

まずは、腕に巻きます。

① ベルトの位置

ベルトは腕の付け根に巻きます。
肩の筋肉と腕の筋肉のちょうど間がベストです。

② ベルトの向き

加圧ベルトは左右がありません。
どちらでも巻けます。

まずはベルトで輪を作ります。
右腕に巻くときには、KA・A・TSUロゴのTSUの方から腕を通します。
左腕に巻くときには、KA・A・TSUロゴのKAの方から腕を通します。
両腕とも、圧を送り込む白い部分が自分の身体の方を向いていればOKです。

③ ベルトを引っ張る

巻く方の腕でベルトの先端(赤い部分)を持ち、反対の手でバックルを押さえます。
巻く方の腕でベルトを上に引っ張ります。

④ ベルトを巻く

引っ張ったベルトを反対の手で持ち替えます。
ベルトが重なるように巻いてください。

脚用

腕のベルトを外してから、脚に巻きます。

① ベルトの位置

ベルトは脚の付け根に巻きます。
太ももとお尻の間がベストです。

② ベルトの向き

腕と同じで左右がありません。
どちらでも巻けます。

まずはベルトで輪を作ります。
右脚に巻くときには、KA・A・TSUロゴのTSUの方から脚を通します。
左脚に巻くときには、KA・A・TSUロゴのKAの方から脚を通します。
両脚とも、圧を送り込む白い部分が自分の身体の方を向いていればOKです。

③ ベルトを引っ張る

巻く方の腕でベルトの先端(赤い部分)を持ち、反対の手でバックルを押さえます。
巻く方の腕でベルトを上に引っ張ります。

④ ベルトを巻く

引っ張ったベルトを持ったまま下に巻きます。
下で反対の手に持ち替えて、最後まで巻きます。
ベルトが重なるように巻いてください。

ポイント

最初に腕のベルトを巻いて、上半身の運動をします。
腕のベルトを外してから脚のベルトを巻いて、下半身の運動をします。

腕を最初に巻くのがポイントです。

ベルトを巻く強さ

加圧ベルトの巻く強さは、ベルトの間に指一本入るくらいが適切です。

指が入らない場合には、強すぎなので少し緩めてください。
指が二本以上入る場合には、緩すぎなので少し強めに巻きなおしてください。

※ 指一本分だと軽めの圧にしてもキツく感じる場合には、緩めに巻いてトレーニングをしましょう。