「筋肉痛になりましたか?」の意味

こんにちは。パーソナルトレーナーの田中です。
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

「前回のトレーニング後、筋肉痛になりましたか?」

加圧トレーニングの指導中に、一番聞いている質問です。

・入会したばかりの方
・トレーニングのブランクが長かった方
・トレーニングのメニューを変えた方

主にこのような方に伺っております。

今日は、なぜ筋肉痛の有無を確認しているのかを説明いたします。

筋肉痛は運動強度の確認

「筋肉痛になったのか?」を伺っている理由は、「運動の強度が適切だったか?」を確認したいためです。

加圧トレーニングの適切な強度

加圧トレーニングの一番のメリットは、軽い負荷でも効果がある点です。
筋肉痛にならなくても、効果的にトレーニングができます。

なので、加圧トレーニングの適切な強度は「筋肉痛にならないくらい」の負荷なのです。

例外

もちろん例外もあります。

・入会したばかりの方
・トレーニングのブランクが長かった方
・トレーニングのメニューを変えた方

このような場合、筋肉痛になりやすいです。

1ヶ月くらいは、筋肉痛になっても気にする必要はございません。

ただし、2ヶ月経っても3ヶ月経っても、「毎回筋肉痛だよ!」って場合には、強度がきつすぎる可能性がございます。

筋肉痛がないと効果もない!?

よくある誤解を書いておきます。

・体験の後は、ものすごく筋肉痛がありました。
・2回目は、少しだけ筋肉痛がありました。
・3回目は、全く筋肉痛がありませんでした。

これを聞いて、どう思いますか?

A. 強度は弱すぎる
B. 強度は最適である
C. 強度は強すぎる

正解は、「B」。
よくある入会時のパターンです。

ただ、多くの方が誤解するのが、

「筋肉痛がないから、この強度では効果がない」と思うこと。

加圧トレーニングは、筋肉痛にならなくて正解です。

筋肉痛になりたければ、もっと重い負荷をかける必要があります。
筋繊維をバキバキに引きちぎる必要があるので、加圧トレーニングには向きません。

筋肉痛を気にする必要はありません

今日は、「筋肉痛になったのか?」を確認している理由を解説しました。

筋肉痛の有無は、運動強度の目安になるからです。

・筋肉痛になった方がいいの?
・筋肉痛にならない方がいいの?

こんな質問もよくいただきます。

筋肉痛になっても・ならなくても、どちらでも問題ありません。
あまり気にしすぎないでください。

ただし、毎回トレーニング後に「ひどい筋肉痛」がある場合には、一度ご相談ください。

最後に重要なことを2点書いて終わりにします。

・加圧トレーニングは筋肉痛になりにくい運動です。筋肉痛にならないのが正常です。
・筋肉痛になったからって痩せません。加圧トレーニングで筋肉痛になってもいいのは、マッチョを目指している人のみです。

まずは30分間の体験から

初回は5,000円(税込)で30分間の加圧トレーニング体験ができます。
カウンセリングも行いますので、運動の目的や不安な点などお気軽にお話ください。

運動の初心者・未経験者も大歓迎です。