パーソナルトレーニング

加圧トレーニングをするようになって、太らなくなりました。

こんにちは。パーソナルトレーナーの田中です。
毎週80名くらい、マンツーマンでトレーニングの指導をしております。

今日も、お客様からの「加圧トレーニングをやって、こんな効果があったよ♪」というご報告を共有&深堀りします。

加圧トレーニングをやっていると太りません。

これも結構言っていただけます。

「痩せました!」ではなく「現状維持!」ってのが、インストラクターとしては少し残念だったりします。

でも、長年少しずつ少しずつ増えてしまった体重やウエストサイズ。
それが加圧トレーニングを始めてから増えなくなっただけでも、やっぱり嬉しいですよね。

例として、50代・男性のお客様から、去年の年末のご挨拶時にいただいた言葉です。

「おかげさまで、何を食べてもお腹が出なくなりました。」

運動を習慣にする重要性

そもそも、なぜ20代後半くらいから太り始めてしまうのでしょう。
なぜお腹が出てきてしまうのでしょう。

●「体重」=「摂取カロリー」-「消費カロリー」
●「ウエストサイズ」=「摂取カロリー」-「消費カロリー」

上の2つは、紛れもない事実です。

運動をする時間が減っている(消費カロリーが減っている)のに、食べる量が変わらない(摂取カロリーが変わらない)

こんな状態が続けば、もちろん太ります。

結構いらっしゃるのが、食べる量は減っているのに体重が増えちゃうって人・・・

残念ながら、減らした摂取カロリーよりも、無意識に減っている消費カロリーの方が多いです。

無意識なので、ほとんどの方は気付きません。

基礎代謝という消費カロリー

基礎代謝とは、何もしていなくても使われるカロリーのことです。
生命維持のため、無意識に消費されてしまうカロリーです。

この量は大体決まっているのですが、筋肉量が増えると僅かですが上がります。
逆に言うと、筋肉量が減ると僅かですが下がります。

僅かなんだけど、それが毎日毎日続くわけです。

しかも無意識に・・・

加齢とともに筋肉量=基礎代謝は落ちます

残念ながら、現代人は運動不足です。
運動をしないと、筋力は落ちます。

結果、基礎代謝が落ちます。

個人的な感覚ですが、全く運動をしていない人は10年で1食分くらいの基礎代謝が減るんじゃないかなと思います。

例えば、22歳で就職して32歳まで全く運動をしなかったとします。
22歳で1日3食しっかりと食べていた人は、32歳で2食くらいに減らさないと体重の維持すらできない状態です。

言い過ぎかなと思いますが、お客様の声をまとめるとそうなります。

今まで大盛食べていたのを並盛にしたんだけどな・・・そのくらいでは体重は増加します。

意識して運動をして筋肉量=基礎代謝を増やしましょう

だから、運動をして筋肉量を増やしましょう。

筋肉が増えれば代謝が上がります。

例えで出した22歳の人は、32歳まで同じ筋肉量を維持できたなら、大盛から並盛にするくらいで体重維持は可能です。

加圧トレーニングなら週1回・20分で太らなくできる

加圧トレーニングは、短時間で長時間の運動と同じ効果があります

時間がない人は、週1回・20分の加圧トレーニングで筋肉量を維持or増やしてください。

1つだけ注意点です。

筋肉量増加によって増える基礎代謝は、ほんとに僅かな量です。

なので、運動で筋肉をつけたから、今日はたっぷり食べよう!

なんて生活をしていると太ります。

運動すれば、たくさん食べていいってわけではないので、誤解ないようにお願いします。

まずは30分間の加圧トレーニング体験から

初回は5,000円(税込)で30分間の加圧トレーニング体験ができます。カウンセリングも行いますので、運動の目的や不安な点などお気軽にお話ください。

皆様のご利用をお待ちしております。

パーソナルトレーニング
最新情報をチェックしよう!