パーソナルトレーニング

寒くなった時期に注意すること

こんにちは。パーソナルトレーナーの田中です。
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

先週末から急激に寒くなりました。
体調は大丈夫ですか?

体調管理も重要ですが、トレーナー目線でもっと重要なことがあります。

今日は、「寒くなったこの時期に注意すること」を解説します。

姿勢を良くする

何に注意するべきかと言うと、普段の「姿勢」です。

寒くなると、どうしても熱を逃がさないようにして身体が縮こまります。
そう、姿勢が悪くなっちゃいます。

姿勢が悪くなるデメリット

姿勢が悪くなるとどうなってしまうのでしょう?

まずは、肩こり・腰痛が悪化します。
実際に、ギックリ腰の発生件数は、この時期に増えます。
悪い姿勢は、それだけ腰に負担をかけちゃってるんです。

次に、疲れやすくなります。
姿勢が悪くなると、呼吸が浅くなってしまいます。
酸素が薄くなると、疲れちゃいます。

そして、太りやすくなります。
良い姿勢が維持できていないってことは、筋肉が適切に使われていないってことです。
代謝・消費カロリーが落ちるので、余ったエネルギーは脂肪に変わります。

こんな感じで、姿勢が悪いことで良い面は全くありません。

姿勢を良くするメリット

では、逆に姿勢を良くするとどうでしょう?

先ほどの逆です。

1つめ。
肩こり・腰痛が緩和されます。
痛みの原因は、一部の筋肉を過剰に使いすぎちゃうことです。
(逆に一部の筋肉は全く使われていない)
良い姿勢にすれば、全部の筋肉をバランス良く使えますので、痛みの原因が減ります。

2つめ。
疲れにくくなります。
姿勢が良くなれば、自然と呼吸が深くなります。
効率よく酸素を摂取できるので、酸素不足に陥ることはありません。

3つめ。
痩せやすくなります。
なんで、お腹周りに脂肪が付きやすいと思いますか?
原因の1つが、お腹周りの筋肉が使えていないためです。
まっすぐ姿勢を維持すると、それだけで腹筋を使います。
別にお腹のトレーニングなんてしなくても、ウエストサイズをダウンできます。

こんな感じで、姿勢を良くすることで悪い面は全くありません。

寒いと感じたら背筋を伸ばす!

ご紹介した通り、姿勢が悪くなってしまうとデメリットしかありません。
逆に、姿勢を良くするとメリットしかありません。

なのに、この時期になると姿勢が悪くなってしまいます。
なんか、もったいなくないですか?

ずっと良い姿勢を維持するのは大変だと思いますので、「寒い」と感じた時だけ姿勢を意識してみてください。
それだけで、秋にありがちな体調不良に陥る心配が減ります。

ちなみに、今ジム内の気温は18度。
このブログも猫背でブルブル震えながら書いております。
「まず自分の姿勢を直せ!」ってツッコミは受け付けませんので、ご了承ください・・・

まずは30分間の体験から

初回は5,000円(税込)で30分間の加圧トレーニング体験ができます。
カウンセリングも行いますので、運動の目的や不安な点などお気軽にお話ください。

運動の初心者・未経験者も大歓迎です。