パーソナルトレーニング

空腹時のトレーニングと満腹時のトレーニング

こんにちは。パーソナルトレーナーの田中です。
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

会社帰りにご利用のお客様から、質問をいただきました。

空腹でトレーニングするのって大丈夫なの?

今日は、こちらの質問にお答えします。

ベストなタイミング

まずは、トレーニングをするのにベストな時間を説明します。

トレーニングをするのに一番良いのは、空腹時でも満腹時でもありません。
お腹空いてないし、お腹いっぱいでもない。
こんな時にトレーニングするのがベストです。

例えば12時に昼食→18時に夕食だったら、ベストなタイミングはその間の15時になります。

空腹時?満腹時?

ベストなタイミングは分かっても、現実問題そんな都合よく運動できないと思います。

では、空腹時と満腹時、どちらにトレーニングをすべきでしょうか?
それぞれメリットとデメリットを見てみましょう。

空腹時のメリット

空腹時に運動するメリットは、「痩せやすい」ことです。

空腹時は、血中に余計な栄養素がありません。
なので、身体に蓄えてある物をエネルギーにする必要があります。
そう、脂肪が燃えやすいのです。

空腹時のデメリット

空腹時に運動をするデメリットは、「集中できない」ことです。

・お腹空いたな
・トレーニング後に何食べようかな

こんなこと考えてしまうので、使っている筋肉へ集中ができません。

満腹時のメリット

満腹で運動をするメリットは、「栄養不足にならない」ことです。

食べた後なので、栄養は血中を流れています。
その栄養を使えるので、身体に蓄えている重要な筋肉が落ちてしまう心配がありません。

満腹時のデメリット

満腹で運動をするデメリットは、「動きにくい」ことです。

お腹パンパンの状態ですと、それだけで重いです。
単純に動きにくいです。

無理に動かすと、気分が悪くなる可能性もございます。

メリット vs デメリット

代表的なメリットとデメリットを見てみました。

では、空腹時と満腹時どちらがいいと思いますか?

答えは、人によります。
単純に痩せたいなら空腹時、筋肉をつけたいなら満腹時。
こんな感じでしょうか。

トレーニング前のプロテイン

でも、筋肉をつけつつ、痩せたいですよね。

そんな場合には、トレーニング前にプロテインを飲むのをオススメしています。
プロテインはトレーニング後のイメージですが、あえてトレーニング前に飲むのです。

タンパク質が体内にありますので、トレーニング中に筋肉を分解してしまうことはありません。
また、トレーニング後の筋肉を作る材料になります。

プロテインを飲むと空腹感が和らぐので、お腹が空いて集中できないデメリットも解消できます。
また、一般的な食事よりもプロテインの方が消化に良いので、気持ち悪くなるデメリットも解消できます。

トレーニング前は食事じゃなくてプロテイン

トレーニングは、空腹時も満腹時も適切ではありません。

食事の時間が空いた状態でジムに行くなら、運動前(できればジムに行く前)に一杯のプロテインを飲んでみてください。
それだけで、様々なメリットがございます。

最後に重要な点。

トレーニング後の食事はどうするべきか?

痩せたい人は、あえて食べなくてもいいと思います。
そのまま寝ちゃいましょう。

筋肉を付けたい人は、しっかり食べましょう。
ただし、食べ過ぎると筋肉ではなく脂肪が付くので、量には注意してください。

では、筋肉を付けつつ、痩せたい人は、トレーニング後の食事をどうするべきだと思いますか?
今日の宿題にします。

まずは30分間の体験から

初回は5,000円(税込)で30分間の加圧トレーニング体験ができます。
カウンセリングも行いますので、運動の目的や不安な点などお気軽にお話ください。

運動の初心者・未経験者も大歓迎です。