加圧トレーニング

ジムで筋力トレーニング(呼吸編)

こんにちは。パーソナルトレーナーの田中です。
毎日15名くらいに加圧トレーニングの指導をしつつ、ブログを書いております。
加圧トレーニングは筋力トレーニングの一種です。)

「トレーニング中の呼吸はどうすればいいですか?」

こちらの質問にお答えします。

【基本】1動作1呼吸

筋トレの呼吸の基本は、1動作1呼吸です。
1つの動作をする際に、吐いて吸って。
これが基本になります。

よくある間違い

具体的な呼吸の仕方の前に、筋トレ中の呼吸でよくやる間違いをご紹介します。

● 力を入れる時に息を止めます。
● 力を抜く時に息を吐きます。

このようにやる人(特に男性)が多いです。
血圧が上がってしまいますので、特に高血圧の人は絶対に止めてください。
危険です。

正しい呼吸法

正しい呼吸法は次の通りです。

● 力を入れる時に息を吐きます。
● 力を抜く時に息を吸います。

このような感じで筋トレができればベストです。

問題です

Q1 腕の曲げ伸ばし(力こぶを作る)の運動です。どのタイミングで吐けばいいでしょうか?

A 腕を曲げる時
B 腕を伸ばす時

Q2 二の腕の運動(ダンベルをもって前かがみになって腕を後ろに伸ばす運動)です。どのタイミングで吐けばいいでしょうか?

A 腕を曲げる時
B 腕を伸ばす時

Q3 腹筋(寝た状態から上がる運動)をやります。どのタイミングで吐けばいいでしょうか?

A 上げる時
B 下ろす時

Q4 スクワットをやります。どのタイミングで吐けばいいでしょうか?

A 上げる時
B 下ろす時

答えです

Q1 腕の曲げ伸ばしの運動では、腕を曲げる時に吐きます。A
Q2 二の腕の運動では、腕を伸ばす時に吐きます。B
Q3 腹筋では、上げる時に息を吐きます。A
Q4 スクワットでも、上げる時に息を吐きます。A

全問正解できましたか?
正解できなくて普通なので、間違っても気にしないでください。
この問題で言いたかったことは、「筋トレの呼吸って難しくないですか?」ってことです。

まずは基本から

どっちで吸って、どっちで吐いていいのかって難しいですよね。
なので、まずは基本からやってみましょう。
吸いやすい方で吸って、吐きやすい方で吐けばいいのです。

それでも難しいって人は、とりあえず息を吐きましょう。
吐けば自然と吸います。

最初に血圧が上がっちゃうよって話をしましたけれども、それは息を止めてしまうからです。
筋トレで、息を止めるのはNGです。
しっかりと呼吸をしましょう。

キープ系の運動

体幹の運動とか、長時間キープする運動の呼吸はどうでしょうか?

自然に呼吸をしててください。

ツラくなってくると、呼吸が止まってしまう人がいます。
血圧が上がるので、絶対に呼吸を止めてはいけません。
ツラくても自然に呼吸をしましょう。

ジムで筋トレする際には、呼吸も意識しましょう

筋トレって力を入れればいいイメージがあると思いますが、実は呼吸もすごく重要です。
1人でマスターするのは大変なので、1動作1呼吸の原則は覚えておいてください。

もしパーソナルトレーナーを付けられるのであれば、「どのタイミングで吐いて、どのタイミングで吸えばいいのか」を聞きましょう。
すぐに解決できます。

まずは30分間の加圧トレーニング体験から

初回は5,000円(税込)で30分間の加圧トレーニング体験ができます。カウンセリングも行いますので、運動の目的や不安な点などお気軽にお話ください。

皆様のご利用をお待ちしております。

加圧トレーニング
最新情報をチェックしよう!