加圧トレーニング

実は、カラダに悪いこと。

こんにちは、パーソナルトレーナー歴10年の田中です。

4/9号のターザンのテーマは「実は、カラダに悪いこと。」です。
表紙に載っている例を挙げますと・・・

  • 1日1万歩歩く
  • 1日3食が健康の基本だ
  • 睡眠は8時間きっちりとる

こんな健康に良さそうな習慣が、良くない場合もあるみたいです。
興味のある方は、読んでみてください。

今日は、そのターザンに興味深いデータがありましたので、ご紹介します。

運動と死亡リスク

まずは、ターザンの35ページに載っているデータを紹介します。

  1. 全く運動をしていないグループ
  2. 不十分な運動を週1~2回やるグループ
  3. 不十分な運動を週3回以上やるグループ
  4. 十分な運動を週1~2回やるグループ
  5. 十分な運動を週3回以上やるグループ

この5グループで1994年~2012年の期間をかけて死亡リスクを計測したみたいなんです。
その結果が以下の通り。(全く運動をしていない人のリスクを100とします。)

  1. 全く運動をしていないグループ⇒100
  2. 不十分な運動を週1~2回やるグループ⇒66
  3. 不十分な運動を週3回以上やるグループ⇒82
  4. 十分な運動を週1~2回やるグループ⇒70
  5. 十分な運動を週3回以上やるグループ⇒65

ターザンではこのデータを基に、週1~2回でも十分に運動をすれば週3回以上やっている人と死亡リスクは変わらないよって結論付けておりました。

が、私の考えは違います。

不十分な運動ではダメなの?

もう一度データを見てください。

  • 不十分な運動を週1~2回やるグループ⇒66
  • 十分な運動を週1~2回やるグループ⇒70

不十分な運動グループの方が死亡リスク低いじゃん!
だったら、不十分でも週に1~2回カラダを動かした方がいいよね。

  • ターザンの結論⇒週1~2回でも十分にカラダを動かそう!
  • 私の結論⇒不十分でもいいから週1~2回カラダを動かそう!

十分な運動とは?

ちなみに、十分な運動とはどれくらいの運動量なのでしょうか。

コロナでおなじみになったWHOによると、以下2つをやれば十分みたいです。

  1.  週に150分以上の低強度の有酸素運動or週75分以上の高強度の有酸素運動
  2.  週2回の筋トレ

(同じくターザンの35ページに載っております。)

この数字を見てどうでしょう?
ほとんどの方がこのように思ったはずです。

そんなに長時間運動できないよ!

不十分な運動から始めよう♪

本日のまとめです。

何気なくターザンを読んでいたら、「週に1回・20分の不十分な運動でも死亡リスクを減らせますよ」ってデータが載っていたので紹介しました。

WHOが推奨する十分な運動を長期間続けるのは、かなり難しいです。
だったら、週1回・20分の不十分な運動を、死ぬまで一生続けませんか?

当ジムのコンセプトは、この点です。
運動は続けないと効果がなくなってしまいます。
続けることが大切なんです。
(もっと詳しく知りたい方は、週1回・20分の運動は裏切りませんの記事をご覧ください。)

当ジムはパーソナルトレーニングで毎回トレーナーとマンツーマンで運動ができます。
週1回・20分しかやらないので、忙しい方にもおすすめです。

ご興味がございましたら、まずは体験からどうぞ。
LINEで「加圧トレーニングの体験希望です。」と送ってください。

友だち追加

皆様のご利用をお待ちしております。

※ 本日参考にしましたターザンはこちらです。

まずは30分間の加圧トレーニング体験から

初回は5,000円(税込)で30分間の加圧トレーニング体験ができます。カウンセリングも行いますので、運動の目的や不安な点などお気軽にお話ください。

皆様のご利用をお待ちしております。