パーソナルトレーニング

加圧トレーニングと通常の筋力トレーニングの違い(セット数&インターバル編)

東京都板橋区のパーソナルトレーナー、田中です。
毎日15名くらいに加圧トレーニングの指導をしつつ、ブログを書いております。

筋トレは何セットやるのがいいのか、知ってますか?
● 1セット
● 3セット
● 8セット

いろんな考えがありますので、筋力トレーニングのセット数について解説します。
おまけで、加圧トレーニングのセット数も補足します。

【結論】筋トレは3セットがベスト

時間や種目に縛りがないのでしたら、3セットやってください。

加圧トレーニングのセット数

セット数に関しては、加圧トレーニングも通常の筋トレと同じ考え方です。
理想は3セットです。

セット数の意味

セット数の意味を誤解されるので、補足しておきます。

3セットやる場合、どちらが正しいでしょうか?

● 1セット目・2セット目は準備運動。3セット目をしっかり追い込む
● 1セット目から追い込む

正解は、1セット目からしっかり追い込むのが理想的です。

理想的と言ったのは、1セット目から追い込むと大体の人が2セット目以降をやりたくなくなるから。

3セットやりましょう=1セット目からきちんとやりましょう

このような意味になりますので、誤解なく。

加圧トレーニングの理想的なやり方

1セット目:30回ぎりぎりできるくらいの重さで30回
2セット目:1セット目と同じ重さで15回
3セット目:1セット目と同じ重さで10回

これが理想的みたいです。

ハッキリ言ってかなりキツいです。

ミュー成増では、上級者しかやっていません。

筋トレのインターバルはどれくらい取ればいいのか?

セット間のインターバルはどれくらい取ればよいのでしょうか?

1分くらいがベストだと思います。

長すぎると、筋トレの効果が減ります。
短すぎると、次のセットの回数が減ってしまいます。結果、筋トレの効果が減ります。

加圧トレーニングのインターバルは短い

加圧トレーニングは、乳酸を溜める必要があります。
なので、インターバルが非常に短いです。

10秒~20秒くらい

良く言えば、トレーニングの時間が短くて済む。
悪く言えば、休憩が少ないから疲れる。

ミュー成増でのセット数とインターバル

ミュー成増では、1回のトレーニング時間はたった20分です。
20分間で全身のトレーニングをやります。

結構、忙しいです。

トレーニングの種目も多いので、セット数は少なめ・インターバルは短めになります。

例えば、腹筋をした後に背筋をやる。
背筋の直後にまた腹筋をやる。
こんな感じで運動メニューを組み立てれば、インターバルは0にできます。

筋トレはセット数よりも意識を

筋トレでは、3セットやるのが理想的です。

でもね、
● 1セットだけしっかりやる
● 3セットを中途半端にやる
この2つだったら、1セットだけでもしっかりやる方がいいに決まっています。

筋トレでは、しっかりと鍛えている筋肉を使うことが重要です。
セット数を増やすあまり、鍛えていない筋肉も使ってしまっては意味がありません。
その点は、覚えておいてください。

加圧トレーニングは、通常の筋力トレーニングよりもインターバルは短くなります。
短時間で運動を済ませたい人にはピッタリのトレーニングですね。
短時間で終わっていいなと思ったら、一度体験をしてみてください。

まずは30分間の加圧トレーニング体験から

初回は5,000円(税込)で30分間の加圧トレーニング体験ができます。カウンセリングも行いますので、運動の目的や不安な点などお気軽にお話ください。

皆様のご利用をお待ちしております。

パーソナルトレーニング
最新情報をチェックしよう!