パーソナルトレーニング

スクワットで悩みを解決

東京都板橋区のパーソナルトレーナー、田中です。
毎日15名くらいに加圧トレーニングの指導をしつつ、ブログを書いております。

スクワットは重要です。
運動に迷ったら、とりあえずスクワットをやっておけばOKです。
加圧トレーニングの指導中にも、しょっちゅう「スクワット・スクワット」言ってます。

でも、なかなかスクワットの重要性を理解していただけません。

今回は、よくある質問に答える感じでスクワットの重要性を説明します。

10人の相談者

今まで指導してきた10名のお客様との会話です。

まったく運動をしていません。何から始めればいいですか?
まずスクワットから始めましょう。

スクワットは筋トレの中で、一番大きな筋肉を使う運動です。
それだけ効率の良い運動でもあります。

腕とかの小さい筋肉を鍛えてもいいです。
でも、効率は良くありません。

まずは、スクワットから始めましょう。

家で筋トレをやるなら、何がいいですか?
スクワットがいいですね。

スクワットは何も道具が必要ありません。
自分の体重だけで十分です。
家でやるなら、ベストなトレーニングですね。

自分の体重だけでは物足りなくなったら、家にある重い物を持ってスクワットをしてみてください。

例えば、ペットボトルに水を入れれば2kgのダンベルになります。
両手で持てば4kgになります。
それだけで負荷が上がります。

毎日ランニングをしているのに全然痩せません。何がいけないのですか?
スクワットが足りていませんね。走る前にやりましょう。

筋肉をつけないと、いくら走っても痩せません。
筋肉をつけて代謝をあげましょう。

より代謝を上げるには、より大きな筋肉を鍛える必要があります。
一番大きな筋肉を鍛えられる種目はスクワットです。

スクワットをやるなら、走る前がオススメです。
筋トレは成長ホルモン(脂肪を燃やすホルモン)が出るので、走っている時により脂肪が燃えます。

ホットヨガに通っています。もっと痩せたいんだけど、どうすればいいですか?
ホットヨガの前にスクワットをやりましょう。

ホットヨガは汗をかきますけど、筋肉がないとあまり脂肪は燃えません。
筋肉をつけましょう。
スクワットをやりましょう。

ホットヨガをやる前にやると、ベストですね。
スクワットで成長ホルモン(脂肪を燃やすホルモン)が出るので、ヨガをやっている時により脂肪が燃えます。

最近、疲れやすくて困っています。
スクワットをやりましょう。

体力不足ですね。
スクワットで筋肉を鍛えましょう。
足の筋肉がつくだけで、疲れにくくなります。

例えば、歩くとき。
スクワットをやる前は、歩くだけで50%の筋肉を使っていたとします。
スクワットで筋肉をつけた結果、40%の筋肉で歩けるようになります。
10%の余力ができます。
これが疲れにくくなる仕組みです。

スクワットで体力をつけましょう。

少しダッシュしただけで、ハァハァゼェゼェしてしまいます。
スクワットをやりましょう。

筋力不足ですね。
スクワットで筋肉をつけましょう。
少し走ったくらいでは問題なくなります。

足を細くしたいのですが、何をやればいいですか?
スクワットをやりましょう。

足の筋肉は大きく分けて、前に4種類・後ろに4種類で合計8種類あります。
日常生活では、クセもありますので8種類を全部使うのは難しいです。
使ってない筋肉から、ダルダルになります。

8種類の筋肉を全部鍛えるのに、ピッタリの運動があります。
スクワットです。

全部一気に鍛えられるから、効率もいいです。

お尻を小さくしたいのですが、何をやればいいですか?
スクワットをやりましょう。

スクワットは足の運動と思われがちですが、お尻もしっかり鍛えられます。
お尻の筋肉も使ってあげないと、ダルダルになってしまいます。
スクワットでお尻を鍛えましょう。

最近お腹が出てきてしまいました。何とかしたいのですが、腹筋をやればいいですか?
いえ、スクワットをやりましょう。

腹筋をやってもお腹は細くなりません。

それよりも、大きな筋肉を鍛えて代謝を上げましょう。
腹筋よりもスクワットをやりましょう。

代謝が上がれば、ムダな脂肪が落ちます。
お腹がスッキリしてきます。

二の腕がダルダルで困っています。どうにかしてください!
はい、スクワットをやりましょう。

腹筋と同じ原理です。

二の腕を鍛えてもいいですが、スクワットもやりましょう。
代謝を上げて、二の腕についたムダな脂肪を燃やしましょう。

スクワットは最強

こんな感じで10人の質問が全部同じ答えになってしまいます。
スクワットってすごいですよね。

「最後の方は強引じゃない?」と思われる人も多いと思います。
ですが、身体の仕組みを理解すると、全てスクワットで解決できてしまいます。

ちまちまと小さな筋肉を動かすよりも、より大きな筋肉を鍛えるのが重要です。

注意点

最強のスクワットですが、注意点がございます。
ヒザ・腰が痛い場合には、残念ながら自己流ではスクワットをできません。

運動中・運動後の痛み

● スクワットをやっている時にヒザや腰が痛い
● スクワットをやった直後にヒや腰が痛い
● スクワットをやった次の日にヒザや腰が痛い

このような症状がございましたら、スクワットを止めてください。

やり方が間違っているか、スクワットをやるべきヒザや腰ではないかのどちらかです。

疾患

● 膝関節に疾患がある(変形性膝関節症等)
● 股関節に疾患がある(変形性股関節症等)

このような人もスクワットをやるべきではありません。
運動を始める前に、主治医やリハビリ医に相談をしましょう。

スクワットで痛い場合には

スクワット中や後に痛い場合には、パーソナルトレーナーに相談しましょう。

まずは、フォームが正しいか確認してもらいましょう。
負荷をかけている場合には、負荷が強すぎないかも同時にチェックしてもらいましょう。

やり方が間違っている場合、負荷をかけすぎている場合には、これで解決です。

スクワットがダメでもあきらめない

スクワットをやるべきではない人は、何をやれば良いのでしょうか?
これも、パーソナルトレーナーが教えてくれます。

スクワットと同じように足の筋肉を鍛えられるトレーニングはたくさんあります。
その中から、スクワットよりも身体に合っているメニューを紹介してもらえます。

スクワットで痛みがある原因でよくあるのが、ヒザや腰回りの筋肉が硬すぎることです。
その場合には、筋肉を鍛えるよりもストレッチの方が重要になります。

筋トレをすべきか?
ストレッチをすべきか?
自分で見分けるのは難しいと思います。

痛みが出たら、無理して続けずにパーソナルトレーナーに聞いてしまいましょう。

悩んでいる時間があったら、スクワットをしましょう

例外はございますが、ほぼ全ての悩みは「スクワット」で解決できます。

何を運動しようか迷っている時間があったら、すぐにスクワットをやりましょう。
どこで運動しようか迷っている時間があったら、その場でスクワットをやりましょう。

いつでも、どこでも、何もなくてもできるのがスクワットです。

まずは無理せず、自分の体重を使って、10回のスクワットから始めましょう♪

スクワットに関するオススメの本を紹介して、今回は終わりにします。
タイトルに惹かれて読んでしまいました。
スクワットに飽きたらスクワットの勉強をしてモチベーションを高めましょう。


まずは30分間の加圧トレーニング体験から

初回は5,000円(税込)で30分間の加圧トレーニング体験ができます。カウンセリングも行いますので、運動の目的や不安な点などお気軽にお話ください。

皆様のご利用をお待ちしております。

パーソナルトレーニング
最新情報をチェックしよう!