パーソナルトレーニング

運動の効果と継続率について

こんにちは。パーソナルトレーナーの田中です。

・運動は効果が出ている人ほど続けられる
・運動は効果が出ていない人ほど続けられない

この2つ、事実だと思いますか?

「YES!」と思ったら、続きをお読みください。

問題

まずは、問題から。

「5kgのダイエットをしたい」と思う方が5名いらっしゃいました。
みなさん今年の1月から運動を開始し、3月時点で次のような効果が出ております。

Aさん 10kg減(目標を大幅に達成!)
Bさん 5kg減(目標達成!)
Cさん 3kg減(目標に届かず)
Dさん 0kg減(あれ?)
Eさん 2kg増(・・・)

この5名の中で、今年12月時点で運動を継続できている確率が高いのは、誰だと思いますか?

答え

問題の答えは・・・

Aさん!

と思ったでしょ?

不正解です。

正解は、運動が1年間続けられたかどうかの確率は全員同じです。

効果があっても、止めてしまう

AさんやBさんのように目標を達成している人が、なぜ運動を続けられないのでしょうか?

答えは、目標を達成したことで満足してしまうのです。

実際にこのような方は、とても多いです。

運動を止めてしまうと、どうなるかは分かりますよね。

「もったいない」と感じた方は、運動を続けられる可能性大です。

効果がなくても、続けられる

逆に、DさんやEさんのように全く目標に突き進んでいない人が、なぜ運動を続けられるのでしょうか?

答えは、別の目標が見つかったから。
もしくは、運動する別の理由が見つかったから。

体重が2kg増のEさん。
実は体脂肪量が3kg減って、筋肉量が5kg増えました。
体脂肪率も10%減です。
見た目は、かなり違います。
目標の指標を体重から体脂肪率へ切り替えました。

体重が変わらなかったDさん。
運動を始めて、仕事後の疲労感が減ったみたいです。
筋肉がついたことで、体力もついてきたんですね。
さらに、運動後の爽快感も好きになっているみたいです。

運動を始めるキッカケと継続できている理由は、違っていても構わない

今日のお話で言いたかったことは、3つあります。

1つめ。
↓↓↓
運動の効果と継続率は、必ずしも比例関係ではありません。

効果が出ても出なくても、止める人は止めるし続く人は続きます。

2つめ。
↓↓↓
運動の始めるキッカケは何でもいいです。

「5kg痩せる!」でも「ムキムキになる」でも「お腹を割る!」でも「膝の痛みを和らげる!」でも「なんとなく!」でも何でもOKです。
仮にその目標が達成できたからって、継続できるかは別問題なのですから。

3つめ。
↓↓↓
最初の目標と今の目標が違っても、全く問題ないです。

むしろ、運動の目標は変わっていく方が自然です。
運動を続けていく上で、自分に合った目標を見つけていただけると幸いです。

そうは言っても、効果が出ないと運動のモチベーションにつながらないよ!
このように感じた方は、「効果が出なくて運動が続かない」の記事をご覧ください。

まずは30分間の体験から

初回は5,000円(税込)で30分間の加圧トレーニング体験ができます。
カウンセリングも行いますので、運動の目的や不安な点などお気軽にお話ください。

運動の初心者・未経験者も大歓迎です。